1. 取り出す

付属のバックに入っています。ご家庭や車のトランク、防災備蓄庫においても場所を取りません。

2. 広げる

ご使用の前に製品の点検をしてください。生地の破れやバックル破損などの不具合がないかお確かめください。

3. 調節する

ショルダーストラップを調整し、担ぎ手とのバランスを確認して持ちやすい長さにします。

4. 乗せる

床やベッドなどに広げた状態で乗り手を腰から静かに降ろし、膝を立てて寝かせるように乗せます。

5. 持ち上げる

持ち上げるときは腰に負担がかからないよう気をつけてください。

6. 運ぶ

持ち手が6ヶ所付いていますので、担ぐ人の数を増やすことで担ぎ手の負担を減らすことができます。

おすわり布担架の使い方
1. 取り出す

付属のバックに入っています。ご家庭や車のトランク、防災備蓄庫においても場所を取りません。

2. 広げる

ご使用の前に製品の点検をしてください。腰掛けられる安定した場所で担架を広げます。バックルベルトが腰の位置へくるように上下左右を確認して下さい。

3. 調節する

ショルダーストラップを担ぎ手とのバランスを確認して、持ちやすい長さに調整します。

4. 乗せる

乗り手を腰掛けさせるように担架の上に乗せ、腰の位置でバックルベルトをとめます。腰が安定するようにベルトの長さを調節して下さい。

5. 持ち上げる

持ち上げるときは担ぎ手の腰に負担がかからないように気をつけてください。乗り手は前かがみにならず、背あて部分にもたれるように座って下さい。

6. 運ぶ

担ぎ手はそれぞれ2ヶ所のハンドルを握り、乗り手を抱えるような体勢で運びます。階段など段差や傾斜のある場所では、なるべく担ぎ手が平行に進むように運んで下さい。

ご使用の前に点検をして下さい

生地の破れ、バックルの破損がないかお確かめください。また、ご使用の際は担ぎ手の身長にあわせて、ショルダーの長さを適切に調整してください

足からは乗せないで下さい(ショルダー付布担架・ショルダー担架Pro)

足から乗せると不安定になり危険です。腰から乗せ、膝を立てて静かに寝るように乗せると安定します。また、持ち上 げるときには腰に負担が掛からないように気をつけて持ち上げてください。

サイズは身長に合わせて下さい(ショルダー付布担架)

長さは身長に合わせたサイズを選ぶことができます。この担架は大きい担架では運べないようなところで使用をすることを考えて形・重量ともコンパクトに作りました。長さ140cmのサイズで身長170cm位までの方を運ぶことができます。

バックルベルトを必ず付けて下さい(おすわり担架)

バックルベルトは体を担架に固定させるものではありませんが、体が開いて乗り手の重心が不安定になるのを防ぎます。搬送の際には必ず着用してください。

スペースのある場所でご使用下さい(おすわり担架)

傾斜のある場所や階段などでは担ぎ手と乗り手は、傾斜に対して平行に進んで下さい。乗り手は担架へ固定されていませんので、体が傾くと重心が不安定になり危険です。
※幅の狭い場所ではショルダー付布担架のご使用をおすすめします。

座ることができない方には使用できません(おすわり担架)

座ることができない方には使用できません。また、身長の高い方が乗る場合は足が地面についてしまうことがありますので、身長の高い方が担ぐことをおすすめします。