風景の変遷を見る

大正5、6年に建てられたこの日本家屋は、昭和20年5月、空襲により焼失し、昭和23年、現在の家屋に建て直されました。
この趣ある日本家屋の建物をそのまま保護するため、地震対策も兼ねて外壁をぐるりと取り囲み、ギャラリースペースを造り、昔の代官山の風景や同潤会アパートなどの写真を飾りました。
「JOURNEY」は、隣りの狭いスペースを利用し、建物そのままを生かしてオープンしました。
近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。お待ちしています。